FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
さて、延び延びになってしまいましたが、そろそろクロックアップを試してみることにします。
スペシャルカーネルを導入すると以下のファイルを変更することで、CPUクロックとコア電圧を変更することが出来るようになります。
 ・/proc/zaurus/CCCR ・・・ CPUクロック
 ・/proc/zaurus/VCORE ・・・ コア電圧

例えば、

# echo 0e > /proc/zaurus/VCORE && echo 2000310 > /proc/zaurus/CCCR
みたいにコマンドを実行すると、
「コア電圧:1.550V CPUクロック:624MHz システムバス:208MHz LCD:104MHz 」
という設定になります。
(設定値の詳細は、Hack on the Linuxのスペシャルカーネルのページを参照ください)

Hack on the Linuxの説明を見ていただければ分かりますが、設定の幅が広そうです。
この中から使用状況にあった最適の値を見つけたあと、変更の際には毎回コマンドで設定することになるのですが、それはちょっと大変です。
コマンドを間違ってもいけませんし。

そこでエミュレーターでもお世話になっているぴろさんが、「BatteryPlus」という便利なツールを公開されていますので、まずは、BatteryPlusを導入してみました。

... 続きを読む
スポンサーサイト



2006.05.22 2GB追加

ザウルス用に2GBのSDカードを買いました。
買ったのはこれ↓。トランセンドの「TS2GSD80」。
TS2GSD80

随分と安くなりましたね。2GBでも6500円ぐらいでしたよ。
(A-DATA製とかだったら、もっと安く買えます)

SL-C3200でちゃんと動作しました。
memory

これで、HDDの6GBとあわせてトータルで8GB。
動画の再生環境でも作ろうかな。

2006.05.20 リナザウでPC98
スペカをインストールすることができたので、クロックアップとか試してみようと思っていたのですが、ちょっと寄り道をしてPC98のエミュを入れてみようと思います。
なぜか最近、無性に98が触りたくなってしまいまして。(笑)

リナザウで動くPC98のエミュには「zpc98」と「np2」の2種類があります。
最終的には両方ともインストールしている自分が容易に想像できてしまうのですが、どこかのサイトでzpc98の方が速いみたいな情報を見かけたので、まずはzpc98を入れて使ってみることにします。
(こっちのほうが本体とフォントをインストールするだけなので、簡単そうだし。)

ところが、いきなりつまずきました。
zpc98のipkがない。。。
zpc98は「ZAURUS探偵社」というサイトで公開されていたようなのですが、その肝心な「ZAURUS探偵社」がなくなってました。
どうも、開発も公開も終了している様子。
素直にnp2をインストールすることも考えたのですが、なんとなくあきらめもつかずに探し回っていたら見つけちゃいました。zpc98のv2.0を。
さすがはGoogle。

ということで無事にパッケージも入手することができたので、インストールしてみます。
... 続きを読む
スペシャルカーネルのv18gを導入したので、ベンチマークを測定してみようと思ったのですが、ちょうど新しいスペカのv18hがリリースされました。
せっかくなので、v18gとv18hの両方でベンチマークを測定してみようと思います。

結果はこうなりました。
ZBench v2.2を使用し、3回計測した平均値です。

測定項目

normal

v18g

v18h

 Integer

4.875

4.875

4.900

 Floatong point

6.834

2.070

2.123

 Draw Text

13.161

13.317

13.481

 Draw Graphic

11.551

7.027

7.250


「Integer」と「Draw Text」に関しては大きな差はなかったのですが、「Floatong point」と「Draw Graphic」は、スペシャルカーネルの方が圧倒的に速い数値です。
ノーマルのカーネルに比べて、スペシャルカーネルが最適化されている証拠ですかね。
ちょっと残念だったのは、v18gよりもv18hの方が遅い結果となってしまったことでしょうか。(大した差ではありませんけど。。)

次はクロックアップして測定してみようと思います。

ついにスペシャルカーネルを導入しました。
スペシャルカーネルは山田哲靖さんが「Hack on the Linux」にて公開されているリナザウ用のカーネルで、製品で使用されているカーネルから様々なチューニングやパッチが当てられています。
そのため動作速度が改善されていたり、クロックアップなどといった通常ではできない事ができるようになっています。(もちろん保障外の自己責任です)
こんな面白そうなものを、導入しないわけにはいきません。
SL-C3200のスペシャルカーネルが公開されてから少し時間が経ってしまいましたが、やっと導入することができました。

カーネルを入れ替えるので、手順が少し面倒なのかなと予想していたのですが、思っていたよりも簡単。
あっという間に終わります。
しかし、それなりに危険なことをしていますので、必ずバックアップを取ってから実施することをお勧めします。 

... 続きを読む

KeyHelper Appletをインストールしました。
ザウルスでは非常に有名&便利なツールなのですが、恥ずかしながら今まで知りませんでした。
なにせ、エミュを入れた際に、キー押しっぱなしによって処理が重くなってしまうのを回避するために調べていたら、このツールを見つけたぐらいですから。(笑)

KeyHelper Appletをインストールすると、以下の事が出来るようになります。

 ・簡易キーマッピング
 ・修飾キートグル動作
 ・キーリピート変更
 ・タスク切り換え
 ・アプリケーションランチャー

ザウルスはスタイラスで操作することがメインなので、キーボードを使っている時に何かをやろうとすると、その都度スタイラスに持ち替えなければなりません。
このちょっとした事が非常に邪魔だったりします。
KeyHelper Appletをインストールすることで、色々な事がキーボードで操作できるようになるので、かなり使いやすくなるはずです。

ただ、ちょっと設定が大変なんですよね。
設定方法を解説されているページをみても、少し時間がかかりそうだったので、とりあえずインストールだけしてみました。
サンプルで提供されている設定ファイルを使用するだけでも、色々な機能が使えるようになりますし。

ちなみに、KeyHelper Appletの設定方法については私家版携帯端末考さんのKeyHelper導入ツアーにて詳細に説明されていますので、非常に参考になると思います。

では、インストールしてみます。

... 続きを読む

せっかくのリナザウなので、エミュレータを入れてみました。
リナザウで動くエミュレータって沢山ありますね。
NESやGBなどゲーム機は一通りあるかと思えば、PC88やPC98のエミュまであります。
これは色々と遊べそうです。
いっぺんに沢山いれてもしょうがないので、まずはSNESのエミュレータを入れてみました。
(他のエミュは使いたいときに入れるということで)

ザウルスでエミュを動作させるには、まずSDLをインストールする必要があります。
(SDLはWindowsでいうDirectXみたいなものです)
ザウルス用のSDLといえば、阿川さんが提供されているSDLがありますが、今回はそれではなくて、ぴろさんが提供されているbvdd用のSDLを使用することにしました。

ご本人様のHPによれば、bvdd用SDLの特徴は、
 ・QtのQImageを通さないので速い(ハズ)。
 ・ダブルバッファリングが可能なので、スクロール物に強い(ハズ)
 ・VGA->QVGAをSDLで行なうので、その時の移行が速い。
 ・回転までアプリで行なえるなら、直接バッファに書き込めるのでより速い(ダブルバッファリングも可)。
とのこと。

つまり、bvdd用SDLの方がエミュの動作が速いはず。という目論見で、こちらを使用させていただきました。
もちろん、その場合にはbvdd用SDLに対応したエミュレータが必要になりますが、こちらもぴろさんが各種のエミュレータを提供されていますので、それを使用させていただきました。

... 続きを読む
ふと気が付いたのですが、ザウルスの時間が狂ってますね・・・
購入してから1ヵ月。
初期設定で時間をあわせてから一度も再設定していないのですが、分単位で狂ってます。
やっぱり、こうなってしまいますね。

ザウルスは再起動するたびに時間を設定する画面が表示されるので、そのタイミングで設定するという考え方もありますが、そんなことは面倒だし、再起動もめったにしません。
かといって、気が付いたときに「日付/時刻設定」から設定するなんて、ありえませんよね。
本来、マシンの時間はあっていて当たり前だと思いますので、手間をかけずに(つまり自動で)、正確な時間でいるようにしたいと思います。

世の中にはNTPサーバーという便利なものがありますので、これを使って自動で時刻を合わせるようにしました。
... 続きを読む

ザウルスをカスタマイズするために、以前、標準で付属してくるターミナルソフトをインストールしましたが、本体のキーボードでコマンドを打ったり、ファイルを操作したりするは、なかなか使い勝手が悪かったりします。
無線LANで自宅のLANに接続できるようになったので、PCからsshでリモートログインできるようにしました。

... 続きを読む