FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
今回はGM_Liteのインストールと地図データのダウンロードです。

GM_Liteは実用工房のteraさんによって公開されているGoogle Mapsをローカルで表示させるためのツールです。
あらかじめGoole Mapsから地図データをダウンロードしておいて、そのデータを表示させるという形なので、ネットワーク接続が不要という優れものです。
また、ダウンロードした地図データはブラウザによって表示するので、ザウルスだけでなくWindowsはもちろんWindowsMobileなどの他のOSでも使用することができます。
(JavaScriptを駆使してGoogle Mapsと同じようなインターフェースを実装しているんですよね。凄い!)

ザウルスでは後日に紹介するGM_Lite互換のqgmap(Zaurusネイティブアプリ)を使用するつもりなのですが、まずはGM_Liteの環境をWindows PC上に構築して地図データをダウンロードしようと思います。


1.ActivePerlのインストール
GM_LiteはPerlのスクリプトによってGoogle Mapsのデータをダウンロードします。
(Cygwin環境を利用したダウンロードの方法もありますが、Perlを使用した方が断然速いそうです。)

まずは、WindowsでのPerl実行環境であるActivePerlを公式ページからダウンロードしてインストールします。
インストールの詳細は省きますが、特に細かな設定をする必要はなく、デフォルトのオプションでインストールしていいと思います。


2.GM_Liteのインストール
続いてGM_Liteのインストールです。
teraさんの実用工房の「GM_Lite 0.1.4公開」からgm_lite-0.1.4.zipをダウンロードします。

ダウンロードしたzipファイルを解凍すると「gm_lite」という名前のフォルダが出てきますので、Cドライブの直下にコピーします。
インストールといってもこれだけなのですが、GM_Lite 0.1.4のリリース以降にGoogle Mapsの仕様が変わったため、0.1.4に付属のスクリプトでは地図をダウンロードすることができません。
その為、qgmapの作者さまでもあるbucchiさんが公開されている対策版スクリプトファイル(down_imgs-5.pl.txt)をこちらからダウンロードします。
この対策版スクリプトをdown_imgs.plという名前にリネームし、C:\gm_lite\bin に移動します。(GM_Lite v0.1.4付属のオリジナルのスクリプトと置き換えます。)


3.地図データのダウンロード
C:\gm_lite\cygenvにあるdown_imgs2.batをダブルクリックして実行すると、地図データのダウンロードが始まります。
ダウンロードの対象となる範囲はdown_imgs.plに定義されているのですが、初期状態ではズームレベル19~14の世界地図とズームレベル13~7の日本地図がダウンロードされます。(ダウンロードにそれなりの時間がかかると思います。)
地図のダウンロード

地図データのダウンロードの終了後、C:\gm_lite\gm_lite.htmlをブラウザで開くとダウンロードしたデータをもとに地図が表示されます。
地図表示


Secret

TrackBackURL
→http://linuxzaurus.blog47.fc2.com/tb.php/116-be6729f6