QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前回に引き続きWBT-201の設定です。
今回はWBT-201に付属しているTimeMachineXで、ログの取得間隔などを設定します。

付属のCDに入っているTimeMachineXはバージョンが古いので、まずは以下のサイトから最新版をダウンロードしてインストールします。

Wintecサポートページ

ダウンロードしたファイルを実行すれば、特に問題なくインストールできます。

WBT-201をUSB接続して電源を入れたら、TimeMachineXを起動します。

画面左上の接続のアイコンが回転していれば、TimeMachineXがWBT-201を認識している状態です。
接続アイコン

認識されていなければ接続アイコンをクリックして、WBT-201を接続しているCOMポートを選択し、「接続」をクリックします。

u-Centerで設定できなかった項目を変更します。
まずは「設定/ダウンロード」のアイコンをクリックし、「GPS設定」タブの「SBAS」にて以下のの箇所にチェックを入れます。
SBAS設定

次に、ログの保存間隔を設定します。
「ロギング設定」タブを開いたら「時間」のアイコンをクリックし、「条件2. ログ間隔」で5秒を指定します。
WBT-201は130000点以上ログを記録しておくことができるので、5秒間隔で記録したとしても180時間は記録できちゃいますね。
ログ間隔

これで設定は終わりです。
よく分からずに設定しているところもあるのですが、この状態からスタートしてみようと思います。



Secret

TrackBackURL
→http://linuxzaurus.blog47.fc2.com/tb.php/67-a656f85f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。